メルセデス・ベンツ W203 エンジン警告灯

またまた久々の修理ブログ更新になってしまいました(;^ω^)
いつの間にやら梅雨ですね。皆様ワイパーの水捌けは如何でしょうか?

さて今回は、エンジン警告灯が点灯したという事で御入庫頂きました、メルセデスベンツCクラス(W203)で御座います。

DSCF5491

 

ベンツ用診断機のDASテスターにて診断すると・・・

DSCF5490

 

ムムッ!!

これはまさかW203定番のアレでは・・・?

と、思いスーパーチャージャーの隙間からブローバイホースを覗き見ると、やっぱりホース割れてました(´Д`)ハァ…
狭すぎて写真に収められなかったのですが、この症例はW203では定番中の定番です。
ひどい状態ですとエンジンの振動が大きかったりエンストしたりしてしまいます。
ブローバイホースを交換するのに立ち塞がる壁を退けて行きたいと思います。

まずはインテークマニホールドを外します。

DSCF5484

 

スーパーチャージャーも外します。

ここまで外してやっとブローバイホースが全て出てきます。

DSCF5480

DSCF5481写真の通り、ホースを止めるバンドの付近で劣化して割れてしまっています。

ブローバイホースはエンジンの空気吸入側につながっている為、ここから空気を余分に吸ってしまい不具合が起きてしまうのです。

他のホース、ワンウェイバルブも劣化している為同時に交換してしまいます。

DSCF5483

 

外した部品を元に戻してフォルトを消去して、走行テスト。問題が無い事を確認して、作業終了です!!

この作業、ホース自体はそんなに高くないのですが、脱着部品が大きくて多いので大変です(;´∀`)

皆様も、お車で何かお困りの事が御座いました是非★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

株式会社 CSK(シーエスケー)
〒143-0015 東京都大田区大森西1-15-14
TEL:03-5753-4890 FAX:03-5753-4889
Facebook始めました!→https://www.facebook.com/csk2007
是非『いいね』して下さい★
URL:http://www.csk1.jp

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。