CSK VW ゴルフ5 エンジン掛からず 修理

      今回は、エンジンがかからないとの事で

      入庫したVWゴルフの修理をご案内します。

      最初に、テスターにてフォルト診断したのですが、

      故障メモリーは入っていませんでした。

      原因を見つけるためまず、燃料系を調べたのですが

      フューエルポンプ等は正常に作動していました。

 

      次に、点火系を調べた所、イグニッションコイル点火信号

      きていなかったことがわかりました。

      さらに詳しく、エンジンルームのヒューズボックスを点検すると

      20Aヒューズが切れており、このせいで点火信号が送られていない

      という事がわかりました。

       ヒューズを交換して、エンジンを始動した所

      3番のイグニッションコイルから煙がでて再びヒューズが

      切れてしまいました。

     このイグニッションコイルが内部でショートしていたようで

     これを新品の物と交換して作業は終了です。

      同じような症状でお困りのお客様がいらっしゃいましたら

          お気軽にこちらに ↓ お問い合わせ下さい。

http://csk1.jp/

広告

タグ: , , , ,

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。