CSK ポルシェ カイエン エンジンチェックランプ 修理

     ポルシェ  カイエンのエンジンチェックランプ点灯で

     ご入庫いただいた修理をご案内します。

      調べたところ、ランプ点灯してエンジンも振れていたので

      テスターにて、メモリーをチェックした所

      ミスファイヤーがメモリーされていました。

      この車は、よくIGコイル故障してしまうため

      今回もコイル不良と思われるので、

      テスターにてミスファイヤーの状況を確認しました。

      ミスファイヤーはプラグやインジェクターの不良で

      ミスファイヤーと警告がでることもあるため、念の為

      No6とNo5のコイルを入れ替えて再度テストします。

     上の写真の様にNo5シリンダーにミスファイヤーが移ったので

     イグニッションコイル不良で確定しました。

     下の写真の右側が新品のコイルです。

     左側の古いコイルも外見は変わらなく見えるのですが

     故障しているため交換します。

     コイルを新品の物と変えて、テスターでミスファイヤーが

     出ていないことを確認して作業は終了です。

     同じような症状でお困りのお客様がいらっしゃいましたら

     お気軽にこちらに ↓ お問い合わせ下さい。

           http://csk1.jp/

広告

タグ: , ,

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。