CSK BMW E46 エアバックランプ点灯 修理

       BMWエアバックランプが点灯してしまったとの事で

       ご入庫いただいた車の修理をご案内します。

      まず、テスターを使用して診断したところ、助手席の着座センサーが

      故障してしまっている事が判明しました。

       今回は着座センサーを交換しないと直らない為、シートを外し

       座面のカバーを外して着座センサーの交換作業を行いました。

       交換した部品は、シート状の薄いセンサーでクッションとカバーの間に

       組み込まれています。

       下の写真がシートから外した着座センサーです。

       左側が新品です。

       見た目は、左右とも同じように見えるかもしれませんが、

       中のプリント状の配線が断線し故障してしまいます。

  

       最後にテスターでフォルトメモリーのキャンセルをして作業終了です。

       BMWのエアバックランプ点灯はよくある修理なんです。

       同じような症状でお困りのお客様がいらっしゃいましたら

       お気軽にこちらに ↓ お問い合わせ下さい。

              http://csk1.jp/

広告

タグ: , , , ,

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。