CSK アルファ159 セレスピード ギア修理

      今回は、ギアが入らないとの事で

      ご入庫いただいたアルファの修理をご案内します。

      ギアが入らないとの事で、テスターを使って診断した所

      クラッチを入れたり切ったりする部分のレリーズという

      部品が働いていないことがわかりました。

      その部分を調べるのですが下の写真の様にボンネットを開けても

      とても見えずらい場所にあるのでけっこう大変な作業なんです。

      いろいろな部品を外して見た結果セレスピードクラッチユニットから

      クラッチレリーズオイルが漏れている事がわかりました。

      下の写真がセレスピードクラッチユニットです。

      これを新しい物と交換して作業は終了です。

      もしこのような症状でお困りのお客様がいらっしゃいましたら

      お気軽にお問い合わせください。 ↓

http://csk1.jp/

広告

タグ: , , ,

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。