CSK ベンツGクラス パワーウインドウ脱落修理

      今日は、ベンツGクラスパワーウインドウの修理をご案内いたします。

      Gクラスのオーナーさんはよく聞く症状かもしれません。

      パワーウインドウを動かしてガラスがドスンと脱落してしまうケースと、

      ひどい時は動かしていないのに勝手にスルスルとさがってしまう事も

      あるんです。

       下の写真は、ドアの内張りとビニールフォイルを外したところです。

       
       わかりづらいかもしれませんが、ドアガラスの内側にパンタグラフ上の
       
       ものが今回故障してしまっているウインドレギュレータという部品です。
       
       この部品のワイヤーの部分をモーターで左右に巻くことで、
         
       ガラスを上下しています。 このワイヤーの材質に問題が
       
       あるのか、それとも角度に問題があるのか、
       
       すぐ伸びたり、切れたりしてしまうんです。
       
       最近は対策品ということで、以前よりは改良されてきていますが
       
       それでも再発してお困りのお客様からのご入庫があります。

      
 

      もしこのようなことがあればこちらへ ↓ お問い合わせください。

http://csk1.jp/

広告

タグ: , , , , ,

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。