CSK ベンツ ゲレンデ リアSAM修理

  

      今日は、ベンツゲレンデの電気廻り不良という事で、

      ご入庫いただいた車の修理をご案内します。

      症状は、駐車していたところ車内からジージー異音がしており

      バッテリーが上がってしまったとのことでした。

      テスターで点検したところ、リアSAMというフューズプレートの

      故障入力がありました。

      リアSAMを点検するために脱着してみると

      カプラーの一部に腐食跡を発見!

      ここは怪しいと思い配線図を調べると、写真の様にテールランプの点灯が

      誤作動しているところからも、原因があることが判明しました。

       リアSAMという部品は、とても高価なユニットで

       ¥144,375 もしてしまいます。

       何とかユニットを交換せず、クリーニングで改善できないか

       試みてみたのですが、残念なことに交換となりました。

       

       今回はお客様にご了承いただき、カプラー部の清掃、

       リアSAMユニットの交換で修理いたしました。

       このリアSAMの故障は比較的多い修理です。

       Gクラス以外にW203(Cクラス)にも多い事例です。

       良くある症状は、テールランプ類の誤作動です。

       勝手にスモールランプが点きっぱなしになったり、

       ブレーキランプが点かずスモールが点灯してしまったりなど・・・。

       もしこのようなことがあればこちらへ ↓ お問い合わせください。

http://csk1.jp/

 
 
 

広告

タグ: , , , , ,

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。