CSK ベンツW203 エンジン異音修理

      冷間時エンジンからうなるような異音がするとのことで

      ベンツW203をご入庫いただきました。

      点検したところ、リブドベルトのテンショナーから

      キーキー異音がしていました。

      テンショナーとは、ベルトの張りを自動で調整してくれる

      便利な部品ですが(昔はベルトが緩むと工具を使って

      調整しなければいけなかったんです)、異音が出てしまうと、

      内部のベアリングという部分が破損してしまう可能性

      があります。

      そうするとベルトも飛んでしまい、走行出来なくなってしまいます。

      

      早速、交換作業に入りましたが、

      簡単そうに見えて、実はとても大変な修理なんです(泣)。

      下の写真を見てもわかる通り、上の写真の小さい部品を

      交換するのに、これだけの部品を外さないといけないんです。

      レアな修理ですが、修理しないと大切なお車が故障してしまいますので、

      もし同じようなことがあればこちらへ ↓ お問い合わせください。

http://csk1.jp/

広告

タグ: , , , , , ,

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。