CSK ベンツW220 ロアアームブッシュ切れ修理

     今日は、ベンツロアアームブッシュ切れ修理をご案内いします。

     ベンツという車は、みなさんご存じの通りハンドルがよく切れる車

     と言われてます。

     それ故に日本の道路環境では、車が悲鳴をあげる箇所もあります。

     今回ご案内するブッシュがその部分です。

      高速のレーンチェンジ時やカーブを曲がる時ハンドリングがよれたり、

     段差を乗り越えるときにガタンと、ハンドルにダイレクトに伝わるような音と

     フィーリングが出てきたら要注意です。

     上の写真をご覧になって、ゴムブッシュが切れているのが分かりますか?

     ブッシュが切れた事により、2枚目の写真のようにアームとハウジングが

     当たってしまい損傷しています。 このまま放っておくと、ハウジングまで

     割れてしまい大変な出費になってしまいます。

     更にタイヤも編摩耗してしまい、放っておくと交換しなくては

     ならなくなることもあります。

     今回は、そこまで損傷してませんでしたので、ブッシュのみを交換します。

     上の写真の様にアームを取り外し、ブッシュを専用ツールを使用して

     抜き取ります。

これで完成です。

     このブッシュを変えるだけでハンドリングが見違えるように良くなります。

     もしこのようなことがあればこちらへ ↓ お問い合わせください。

http://csk1.jp/

広告

タグ: , , , , , ,

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。